離乳食を与えるのがもっと楽しくなるグッズ|ママに嬉しい援軍

赤ちゃん

人気の理由

離乳食グッズが人気ですが、主な理由としては、離乳食づくりが大変だということが考えられます。少しでも手間を省けるよう、小分け保存容器やブレンダー、チョッパーなどが人気です。また、子供が離乳食を食べてくれるよう、キャラクター付きの食器も多く販売されています。

赤ちゃん用品

本当に便利なもの

離乳食グッズは、赤ちゃんの性格によって、ベストなものが異なります。一度購入し使ってみて、いくつかのグッズを比較し、よりその子に合ったものを使っていくことをおすすめします。ですから、まとめ買いはせず、その時その時で買い足しが良いでしょう。

離乳食グッズ

初めての「食べる」体験

赤ちゃんが生後5〜6ヶ月ごろから始まる離乳食。毎日の離乳食作りは大変ですが、赤ちゃんとの食事の時間を楽しく過ごしたいですよね。離乳食作りに必要な基本グッズ、あると便利なお役立ちグッズはしっかり準備しておきましょう。

赤ちゃん

負担を減らすために

赤ちゃんが生まれて生後6ヶ月ぐらいを過ぎると離乳食が始まります。赤ちゃんの成長過程の一つでとても嬉しいことですが、毎日継続することなのでとても大変です。全ての商品を購入することはないですが、負担を減らし楽しくさせてくれるグッズを利用することも一つの方法です。

ママと赤ちゃん

親の負担を減らすために

離乳食を全て毎食作るのは手間がかかるため、グッズなどを利用すると時短になり育児の負担が減らせます。赤ちゃん用品の専門店などであれば、様々な種類のグッズが販売されているため、自分に合ったものが選びやすいです。

選ぶときの注意点

ママと赤ちゃん

安全性に注意を

離乳食は赤ちゃんが食事をするための準備といえるものです。最初は母乳やミルクなどの液体を摂取していた赤ちゃんが、徐々に固形物をとれるようにするための練習期間ともいえます。また母乳やミルクからでは不足してしまう栄養素を補うためのものでもあります。最初の離乳食はドロドロのピューレ状のものからなので、ミキサーやすりつぶしの鉢などのグッズがあると便利です。最初は少ない種類から始め、アレルギーがないか様子を見つつ量を増やしていくことになるので、ある程度まとめて作って冷凍しておくと便利です。離乳食を食べさせるときも、赤ちゃんの小さい口にあわせた小さめのスプーンやフォーク、食器といったグッズがあるとあげるのが楽になります。とはいえ必ずしも専用のグッズを買わねばならないということではないのですが、グッズは育児を楽にしてくれることも多いので導入も考えたいものです。選ぶときは離乳食以外にも使えるか、安全性はしっかりしているか、手入れは楽かをチェックして選ぶとよいでしょう。調理器具に関しては、離乳食専用のグッズでない方がおすすめです。離乳食は長いようであっという間に終わるので、ふつうの食事にも使えるグッズの方が長く使えます。ハンドブレンダーなどは手軽で日常の料理にも使えるのでおすすめです。お手入れが楽か、保存場所がいるかもチェックしましょう一方、食器などは専用のものがおすすめです。その際は安全性に注意し、安心できるものを選びましょう。

Copyright© 2018 離乳食を与えるのがもっと楽しくなるグッズ|ママに嬉しい援軍 All Rights Reserved.