離乳食を与えるのがもっと楽しくなるグッズ|ママに嬉しい援軍

初めての「食べる」体験

離乳食グッズ

食事を楽しみましょう

赤ちゃんが生後5〜6ヶ月ごろから離乳食が始まります。今まで母乳やミルクだけを飲んでいた赤ちゃんが初めて「食べること」と出会います。初めてのことばかりで困ることも多いでしょう。ママもパパも赤ちゃん自身もドキドキの体験です。大変ですが毎日の食事の時間は楽しく過ごせるといいですよね。そこで、離乳食作りに必要な基本グッズ、あると便利なお役立ちグッズをご紹介します。赤ちゃんが初めて食べる量はとても少ないので、少しずつ作ることができるような小さめの調理グッズを用意すると便利です。小鍋や小さいボール、手ざるなどを用意しましょう。手持ちの調理グッズも使えますが、衛生面を考えると赤ちゃん専用のものを用意すると安心です。じゃがいもなどをつぶすときにはマッシャーを使います。フォークでも代用できますが、100円ショップでも小さいマッシャーを買うことができます。100円ショップには小さなすり鉢や裏ごし器もあります。調理グッズも小さいものだと洗い物も負担が軽くなりますよ。離乳食を作るときによく使う調理グッズがひとつになったセットもあります。重ねて収納できるものもあるので、チェックしてみてください。最後に調理や食事の際、あると便利なお役立ちグッズを紹介します。できたての離乳食をすぐに冷やすには保冷剤が便利です。ジェルタイプの保冷剤は安定するので器ごとのせて冷やすことができます。離乳食が進み、食べこぼしが増えてくるころには、赤ちゃんが座るいすの下にレジャーシートや新聞紙を敷いておくとたくさん食べこぼしても片付けが楽になります。ぜひ試してみてください。大変なことも多い離乳食ですが、ママもパパも赤ちゃんも楽しむのが一番です。便利グッズを使いながら離乳食タイムを楽しんでくださいね。

Copyright© 2018 離乳食を与えるのがもっと楽しくなるグッズ|ママに嬉しい援軍 All Rights Reserved.